下肢静脈瘤センター

Varicose Vein Center

下肢静脈瘤センターについて About Varicose Vein Center

下肢静脈瘤は、血管の病気ですが症状は皮膚に現れます。
そのため、原因である血管の治療と症状である皮膚の治療の両方が必要となります。
 
当センターは、心臓血管外科と皮膚科とが連携して診療にあたっており、
軽症から重症まできめ細かな対応が取れる体制となっています。
 
足の血管の膨らみが最近になって気になる方も、
ずっと以前から気になっている方も、一度、外来でご相談いただければと思います。

スタッフ紹介 Profile

  • センター長 奈良原 裕

    センター長の奈良原 裕です。下肢静脈瘤の病状は、患者さまごとに微妙に違います。どのような治療を選択することが患者さまにとってもっとも有益かをしっかりと考え、丁寧にご説明していきたいと思います。
    どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • 副センター長 川名 愛

    川名先生は、皮膚科医長の先生です。下肢静脈瘤は血管の病気ですがもっとも悩みの種となる症状は皮膚に現れます。当センターでは、皮膚科専門医である川名先生と連携し、皮膚病変を合併した患者さまの治療も専門的に治療していきます。

    Narahara wrote.

  • 福田 智

    福田先生は、見た目通りの実直な性格で、礼儀正しさが彼の特徴です。ストリッピング手術、ラジオ波カテーテル手術のいずれも担当し、術後のフォローアップも丁寧に行ってくれています。

    Narahara wrote.

  • 藤井 弘敦

    藤井先生は、心臓血管外科の若手のホープです。一般外科の経験が豊富であり、オールマイティに対応できるのが彼の特徴です。外来、手術、入院と下肢静脈瘤治療の全般を担当してくれています。

    Narahara wrote.

  • 尾頭 厚

    当センターでスーパーバイザーを務める尾頭 厚先生です。心臓血管外科部長であり、当院下肢静脈瘤治療を築いてきました。これからも下肢静脈瘤センターの発展のために指導的役割を担ってくれます。

    Narahara wrote.

  • 住沢 由貴恵

    住沢 由貴恵さんは、心臓血管外科のメディカルクラークです。下肢静脈瘤センターでは、外来診療補助を始めとして医師と一緒に診療に関わるすべてのサポートをしてくれています。外来で見かけたら是非声をかけてください。

    Narahara wrote.

下肢静脈瘤とは About Varicose Veins

足の血管がこぶのように膨らみ曲がりくねっている、足がむくむ、重だるい、皮膚が茶色く色づいてきた…これらは下肢静脈瘤の症状です。
 
下肢静脈瘤は、わりと多くみられる病気ですが基本的には命にかかわる病気ではありません。しかし、自然に治ることはなく、放っておくと皮膚病変が悪化し治療が難しくなることがあります。
 
当センターでは、心臓血管外科と皮膚科が連携して、患者さまと一緒に最適な治療を考えます。
気になる症状がありましたら一度、お気軽にご相談ください。

静脈の構造

下肢静脈瘤のある足

潰瘍となってしまった足

治療内容 Treatment of Varicose Veins

従来のストリッピング手術に加えて、ラジオ波カテーテル手術、Stab Avulsion法による静脈瘤切除術など最新・最適な治療を提供しています。
また、合併する皮膚病変には、皮膚科医による専門治療が受けられます。

圧迫療法

弾性ストッキングで足のむくみを予防します。症状の緩和や、静脈瘤の悪化を予防する効果が得られますが、根本的に病気が治るわけではありません。

手術療法

下肢静脈瘤センターでは、患者さまお一人お一人の病状に合わせて治療方法を一緒に相談していきます。手術は、血液逆流を起こしている血管を、機械を使って小さな傷から抜き去る「ストリッピング手術」と、特殊なカテーテルを用いて血管を内側から焼灼する「ラジオ波カテーテル手術」とがあります。2つの手術方法の特徴は以下の通りです。

ストリッピング手術

特徴

  • ▪️太くなってしまった血管に適しています。
  • ▪️2~3cmの皮膚切開が2ヵ所程度 必要です。
  • ▪️ぼこぼこが目立つ方は病状に応じ て数ミリの皮膚切開から静脈瘤を切除します。

ラジオ波カテーテル手術

特徴

  • ▪️細めの血管に適しています。
  • ▪️皮膚切開は基本的に不要です。
  • ▪️ただし、ぼこぼこした静脈瘤が目立つ方はストリッピング手術と同様の数ミリの皮膚切開が必要となります。

その他

  • ▪️手術時間は2つの手術とも1~2時間程度です。
  • ▪️手術後はすぐに歩行可能です。
  • ▪️抜糸は不要です。

入院スケジュール Schedule of Treatment

1日目

2日目

入院費用 Costs of Treatment

ラジオ波カテーテル手術 ストリッピング手術
3割負担の場合 10〜11万円 9〜10万円
2割負担の場合 7〜8万円 6〜7万円
1割負担の場合 3〜4万円 3〜4万円
  • ※1泊2日の入院費、食事療養費等を含みます。
  • ※片足の治療費の概算となります。
  • ※入院費は静脈瘤の部位、合併症等によって変わる場合があります。